事務職からの相談は多い




こんにちは。

カウンセラーの中越です。



昔からすごくよくある相談。



それは、


「意外にも事務職は、

 コミュ力が必要とされる」


というものです。



この話、

ずっと書きたいと思いながら、

10年以上書いてませんでした。



でも、特に最近、

この相談が立て続けにあり、

やっぱり書くことにしました。



というわけで今回は、

意外と事務職はコミュ力必要な仕事

スタートします!!


なんとなく事務職に就いた




昔からとてもよくある相談。



それは、


「事務をやっているのですが、

 コミュ力がなくて辛いです…」


というもの。



僕は文系の大学を出て、

営業マンになりました。



取り立てて理由はなく、


「なんとなく世の中の空気で、

 文系の男子は営業職が普通」


そんなふわっとした理由。



それと同じように、

「なんとなく事務職に就いた」

という人もとても多いです。



失礼な言い方になりますが、


「誰でもできそうな仕事だから」

「ノルマがなくて楽そうだから」


そういう理由で、

事務職を選ぶ人が多いのも、

一つの現実かもしれません。



事務はかなりコミュ力が必要




でも、

実際に働いてみると、

事務職は思っているより、

ずっと大変です。



というのも、

非常に高いコミュ力を

求められるからです。



まず、

一番相談が多いのは、

電話対応です。



営業マンなどが社内にいても、

事務員が電話を取ることが、

やはり現実には多いです。



しかも、

細かい商品の性能など、

全然わからないことを、

急に電話で訊かれます。



気の短い取引先だと、


「自社の商品のことなのに、

 そんなこともわからんのか!」


と理不尽に怒られることも。



クレーム等の電話では、

自分はまったく関係ないのに、

怒鳴られることもあります。



このあたり、

相当、器用に立ち回らないと、

事務員として評価されません。



また職場の人間関係も、

とても難しいです。



苦手な人がいるというのは、

大抵の職場であることです。



ただ外回りがある仕事は、

職場に嫌な人がいても、

まだ逃げ場があります。



僕も営業マン時代、

よく社内から逃げてました。



でも、

社内にいないと行けない事務は、

なかなか逃げ場がありません。



下手をすれば、

自分の苦手な人が、

ずっと隣の席のことも。



機嫌の悪い上司とも、

一日同じ部屋の中です。



う~ん、考えただけで、

気分が悪くなってきます。



それ以外にも、

本来の自分の業務でないのに、

周りから仕事を押しつけられる。



「ちょっとこれやっといて!」



そう強くいわれると、

どうしても断り切れない。

そういうことも多いです。



そして、それらの問題は、

かなりコミュ力が高くないと、

クリアできない問題です。




こつこつ事務作業ができる。

でも、それと同じくらい、

高いコミュ力が必要になる。



それも多くの場合、

マルチタスクでやる必要がある。



それが事務職です。



事務員として働いていて、

「ただデータ入力するだけ」。

そういう職場は珍しいです。



そう考えてみると、

世間で思われているイメージと、

かなり違いますよね。



思っている以上にハードで、

高いコミュ力も必要になる。

実はとても高度な仕事です。



これは事務職だけでなく、

働くすべての人たちが、

認識すべきポイント。



大変な仕事であると、

世の中全体で認めないと、

あまりに不公平でしょう。




自分を責める事務職の人たち





にもかかわらず、


「事務の仕事が合わない…。


 こんな仕事もできないんじゃ、

 どこに行っても通用しない。


 私は働くことに適してない、

 ダメな人間なのだろうか…」


そうやって自分を責めてしまう。



そんな相談者さんが、

とてもたくさんおられます。



コミュニケーションが苦手。

だから、事務の仕事選んだ。



でも、思った以上に、

コミュ力を求められてしまう。



「誰にでもできる事務。

 コミュ力がいらない事務。

 そんな仕事すらできない…。


 まわりの人に相談しても、

 それくらい我慢しろだとか、

 もっと努力したらといわれる。



 やっぱり自分はダメな人間で、

 どこに行っても通用しない…」



そうやって、

強く自罰的になってしまう。



悩み落ち込んでいるときは、

誰でも自罰的になりますが、

事務系は特にそれが強い。



そこには、


「事務職なんて、

 誰にでもできる仕事」


という間違った世間の認識が、

関係していると思います。



そんなことで自分を責めなくていい




世間一般の認識と違い、

本来、事務職というのは、

高いコミュ力が必要なもの。



だから、

必要以上に、

自分を責めなくていい。



事務職は、

とても高いコミュ力を、

求められる仕事なのです。



コミュニケーションが苦手なら、

無理して自分に合わない仕事を、

続ける必要はないのです。



僕たちは、

幸せになるために、

働いているのです。



自分に合わない仕事をして、

自分を責める毎日では、

人は幸せに慣れるわけがない。



だから、

「どうしても、事務が合わない」



もしそう感じるのなら、

新しい生き方、働き方を、

考える時期なのでしょうね。



そんな変革があった方が、

きっと無理することのない、

心豊かな働き方になりますよ。






□僕のカウンセリングの予約はこちらから



□今回のやりたいことの見つけ方ポイント

★事務職は高いコミュ力も必要!

★自分を責めなくていい!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

LINE対応お友達登録をすると週一回カウンセラー中越の最新コラムを届けます!
友だち追加



■このサイトの管理人
■カウンセラー中越の著書はamazonで!

ー新刊ー
















■ 編集後記


なんか昨日、一昨日と、

疲れていたのか、

めっちゃ早く寝ました。


今日は超すっきりです。