こんにちは。

カウンセラーの中越です。



天職を見つけるにおいて、

僕たちが一番心配になることは、

やっぱり「お金」のことだと思います。



僕でさえ、お金の不安は、

今でもいっぱいあります(笑)



「やりたいことを仕事にしたら、

 お金に困るんじゃないだろうか…。」



そんな不安で頭がいっぱいになり、

本当の自分がなにをやりたいのか、

自分でもわからなくなってしまう。



そんな人がたくさんいます。



でも、僕たちが本当に不安なのは、

お金のことなのでしょうか?



実は、僕たちが恐れてるのは、

お金のなんかよりも、

もっと恐ろしいものなのです。



さて、お金よりも、

恐ろしいこととはいったい?




ということで今回は、

「テレサ」の天職心理学です。


□取り残されるのが怖いんです!




好きなことを仕儀とにしたい。

やりたいことを仕事にしたい。



そうおもったとき、必ず、

お金の不安が出てきます。




「やりたいことに挑戦して、

 貧乏になったらどうしよう…」




そんな不安はあって当然です。



僕は本まで出している今でも、

やっぱりお金の不安はあります(笑)




でも、マザー・テレサの言葉に、

こんなことばがあります。




「人間にとって耐え難い苦痛は、

 飢餓や貧困や伝染病ではない。

 それは孤独である。」




う~ん、深いですね。



ホームレスの人が一番辛いのは、

飢えや渇きなどではありません。



彼等が一番つらいのは、

まともな一人の人間として、

扱ってもらえないことだそうです。



貧しく汚い格好をしているからと、

人間としてすら扱ってもらえない…。



道行く人に、

汚いものを見るような、

目で見られてしまう…。



いや、それどころか、

まるで存在していないかのように、

無視をされてしまう…。



確かに、

ホームレスが道で倒れていても、

「大丈夫ですか?」と一声かける。



そんな人は、

ほとんどいません。




飢えや渇きなどよりも、

誰からも相手にされない。



それが一番、苦しいことだと、

マザー・テレサはいいます。




人から相手にされない苦しさ、

自分という人間のことを、

さげすんだ目で見られる苦しさ。



それが人間にとって、

最も苦しいことなのです。




さて、

天職・やりたいことがわからない。



そんな悩みを持つ僕たちも、

同じような苦しみを、

持っているのではないでしょうか?



「好きなことを仕事にしたら、

 お金に困ってしまう…。



 周りのみんなが、

 ちゃんと収入があるのに、

 自分だけ惨めな思いをする…。」



それはとても辛いことです。


いや、

それだけではありません。




「好きなことばかりやって、

 お前は結局のところ、

 食べていけてないじゃないか…。」




まわりの人から、

そう思われる不安…。


まわりの友達の生活レベルから、

自分だけ外れてしまう孤独感。



この孤独や不安が僕から、

本当にやりたいことを、

わからなくしているのです。




でも、本当に孤独なのは、

まわりの友達の生活レベルから、

置いていかれることではありません。



いい歳をして将来もさだまらず、

しっかりした収入のない自分自身を、

情けなく感じてしまう…。



だから他の誰よりも自分自身が、

なかなかうまく成果を出せない自分を、

必要以上に他人と比べてしまう。




同窓会で昔の友達にあっても、


「なんか自分ひとりだけ、

 取り残されてしまったような気に、

 なってしまうんですよ。

 だから焦っちゃうんですよね…。」、


と人と自分を比べて焦ってしまう。


そんなことをおっしゃる方も、

カウンセリングをしていると、

非常によくおられます。



つい、他人と比べてしまう。

そして、自分自身をみじめに思う。



そこに本当の孤独があります。



だから、

夢に向かって一歩踏み出せなくなる。

そんな人がとても多いのです。



「やりたいことを仕事にしたら、

 食べていけないんじゃないだろうか…。」



やりたいことを仕事にするとき、

お金の不安はあって当然です。




それに、

自分の収入や肩書きを、

つい他の人と比べてしまう。


僕たちには誰にでも、

そんな弱さがあると思います。




でも、

本当にみじめで孤独な人生とは、

お金がないことでしょうか?



本当にみじめで孤独な人生とは、

自分のまわりの友達より、

生活レベルが低いことでしょうか?




僕は思うのです。




本当にみじめで孤独な人生とは、

死ぬ時に人生を振り返って、



「好きでもない仕事を、

 我慢して嫌々やる毎日だった…。

 自分の人生、なんだったのだろう」



そう思うことではないでしょうか?



だって、自分の人生を振り返ったとき、

人生を無駄な時間ばかりで、

過ごしてしまったと感じるのですから。




いくらお金があっても、

友達より良い生活をしていても、



「嫌な仕事ばかりをして、

 人生を無駄に過ごしてしまった…」



死ぬ時そう思うことほど、

惨めで孤独な人生はないと思います。




さて、みなさんは死ぬ時、

惨めで孤独に死にたいですか?



もしそうでないのであれば、

ゆっくりと時間を取って、

本当に天職・やりたいこと。



真剣に考えたほうが、

いいのかもしれませんね。



□30日で天職を見つけるための□
□自己カウンセリングプログラム□

やりたいことを見つけたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!





今回のポイント

★本当に怖いのは孤独!!

★孤独と同じくらい嫌な仕事は怖い!!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!








■カウンセラー中越の著書はamazonで!

「天職」がわかる心理学

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記


エヴァンゲリオン劇場版Q、

観に行ってきました。


う~ん、

内容がわけわかりません。


でも、なぜだかすごく面白い!!

エヴァ好きの人はぜひ!!


===========================





コメント一覧
  1. うろつき より:
    あけましておめでとうございます。
    孤独かぁ。私は仕事のできない者で取り残されています。
    現状打破の為に転属を希望しています。社内ですが事実上の転職活動です。
    人事部に年賀状も出しました。
    早く変われたらいいんですが。
    成功したら頑張って仕事をしよう!
    無理だったら真の天職を探して転職活動に踏切ます。
  2. まめ より:
    中越先生こんにちは。
    本年もよろしくお願い申し上げます。

    年明け早々深い!孤独、ありがたいことに身をもって味わったことは
    ないですが、確かに恐ろしいことだと思います。たまには一人になりたい
    と思うことはあっても、ずっと一人って・・独り・・マイナスイメージを
    持ってしまいます。将来のことを考えると孤独死・・とかダークな考えが・・・

    周囲の人がどう思われるかではなく、自分自身がどう思うか、
    よく耳にし、そのとおりだと思いつつもついつい周りの本音が
    気になってしまう・・日々葛藤です。

    理想は人様に迷惑かけない範囲で私は私とマイペースで生きていくこと。
    一度きりの人生エンジョイマイライフですね♪
  3. nakagoshi より:
    うろつきさん、こんにちは~。
    うまく社内で転属できるといいですね~。


    まめさん、こんにちは~。
    ことしもよろしくお願いします~。

    まわりの声ってどうしても気になりますよね。
    人に迷惑かけない範囲でもマイペースは、
    とても素晴らしいことだと思いますよ~。
  4. うろつき より:
    転属に失敗しました。
    期待してるからって。期待される事は嬉しいのですが、今の状況を続けると落ちこぼれ脱却はかなり難関。
    今の仕事を楽しいと思う....しかない。この考え、大嫌いだけど。
    あ、を30回待てば定年になる。
    仕事我慢して週末、やりたいことをすれば良い人生なのかもしれない。
    27歳、職歴4年。永遠の下っ端。何もできない。
    やっぱり仕事は頑張れる方がいいですよね。
    仕事で自分の能力を発揮してみたいな。今は、夢でしかないけど。
コメントを残す

天職の見つけ方の関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてくださいね。

最新情報をお届けします

おすすめの記事