こんにちは。

カウンセラーの中越です。



ある詩人が残した、

とても悲しい言葉。



その言葉が、

天職・やりたいこと探しの、

大きなヒントになっています。



さて、その詩人は、

どんな言葉を残したのか?


なぜ悲しい言葉が、

天職探しのヒントなのか?



というわけで今回は、

「悲しい言葉」の天職心理学です。



□後悔と天職!!




17世紀のアメリカの詩人、

ジョン・グリーンリーフ・ホイッティアー。



彼の残した詩に、

こんなものがあります。




「すべての

 悲しい言葉の中で、

 最も悲しいのは


 『あのとき、

  ああしていたら』


 という言葉」
  



なるほど。

たしかに悲しい言葉です。



そして、なにより、

耳が痛い言葉です。




今までの人生で、


「あのとき、

 ああしていたら」


なんてことは、

本当にたくさんあります。




「ケンカをしたはずみで、

 酷いことを口走った…」



「なんであんな高い物、

 買ってしまったんだ…」



「体重を気にしてるのに、

 また食べ過ぎた…」




重い話から軽い話まで、

本当にたくさんあります。




でも、

後悔の心理を研究した、

トマス・ギロヴィッチ。



彼の研究によると、

なんと75%の人は、


「やったことより、

 やらなかったことを、

 後悔する」


のだそうです。




つまり、75%の人が、


「あれをやらなければ…」


よりも、


「あれをやっておけば…」


と後悔するのですね。




これも確かに納得。



もちろん、

「あれをやらなければ…」

そんな後悔もある。



でも、重要な後悔となると、

「あれをやっておけば…」、

の方が多い気がします。




多くの人が持つ後悔は、


「ちゃんと親孝行しておけば…」

「若い頃、勉強していれば…」

「もっと体を大事にしてれば…」


こういうものだそうです。



やはり、

「あれをやっておけば…」、

が多いですね。




さて、

「あれをやっておけば…」

という後悔。



これは、

天職・やりたいこと探しにも、

大きなヒントになります。



僕自身は新卒のとき、

「もっと真剣に就活してれば…」、

と本当に後悔しました。




また、20代半ばでは、


「もっと早くに、

 なにがやりたいのか、

 ちゃんと考えていれば…」


「すぐあきらめずに、

 心理学を勉強してれば…」


と後悔しました。




人間、どんな人でも、

生きていれば、

多少の後悔はある。



全く後悔のない人生なんて、

ありえないことでしょう。



だから、できるかぎり、

後悔しない人生にしないよう、

意識しておくしかありません。




「あれをやっておけば…」、

そんな後悔をしないように、

普段から意識しておく。



仕事選びで後悔しないためには、

これは絶対に必要なことです。



だから、

後悔しないように意識する。



こういう考え方は、

天職・やりたいこと探しに、

必ず役立つはずですよ。





□自己カウンセリングプログラム□

やりたいことを見つけたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!

http://happy-career.com/stepup/




今回のポイント

★できれば後悔したくない!!

★普段から意識をしておこう!!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!
http://happy-career.com/stepup/









■カウンセラー中越の著書はamazonで!

『絵本を読むと天職が見つかる』

「天職」がわかる心理学

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記



少し紹介したい言葉。



天職探しと関係ないので、

こちらに書きます。


その言葉とは、

ノーベル平和賞を取った、

オーストラリアの小説家。


ベルタ・フォン・ズットナー

の言葉です。



=================


「油の染みを油で消そう、

 インクの染みをインクで消そうと

 考えるものは誰もいないが、

 
 血の汚れだけは、

 さらに多くの血によって

 消し去ろうとする」



『御者 エル・コチェーロ』より
================


憎しみの連鎖、

復讐の連鎖。



それは、

とても悲しいことだと、

僕は感じます。


こんなことを書くなんて、

ナルトを読み過ぎたのかな。


いや、

テロ関係のニュースのせいですね。


===========================