フロイト先生の超意外な言葉




こんにちは。

カウンセラーの中越です。



偉大な精神科医、フロイト先生の超意外な言葉。

「心の分野の人が、こんなこと言っていいの!?」

思わずそう思っちゃう言葉です。



でも、よく考えるとこのフロイトの言葉。

なかなかに深いのです。



そして天職を見つけるヒントになってます。



さて、フロイト先生の超意外な言葉とは?

なぜそれが天職のヒントになってるのか?



というわけで今回は、

天職を見つけるフロイト先生のお金の言葉

スタートします!!





なぜフロイトは金持ちの患者を選ぶのか?





誰でも知ってる偉大な精神科医フロイト。

無意識を発見した超有名人。



でも、そのフロイト先生が超意外な言葉を残してます。



その言葉がこれ。



「貧乏な患者と金持ちの患者を選べるとすれば、私は金持ちの患者を選ぶ」



マジですか!?

心の分野に関わる人が、そんなこといっちゃっていいの?

思わず目を疑ってしまいます。



ですが、このフロイト先生の言葉には、続きがあります。



「なぜなら、かれらは

 お金さえあれば問題が解決するという段階を

 卒業しているからだ」



う~ん、そういわれると耳が痛い。


たしかに、凡人である僕たちは、

「お金さえあれば解決できるのに…」。

ついすぐにそう思ってしまいます。



「お金さえあれば、すぐ仕事を辞めるのに…」

「お金さえあれば、やりたいことやるのに…」

「お金さえあれば、違う人生を選べるのに…」



もちろん、天職を見つけるときも思います。

また、仕事だけでなく、結婚や子育ても同じ。



「お金さえあれば、解決できるのに…」。

問題にぶつかったとき、ついそう思うのが人間です。



お金持ちは、お金があっても人生は解決しない。

それを誰よりも、よく知っているのかもしれません。



ただ、フロイト先生。

もしSNSをやってたら、炎上するタイプな気がします。




(参考・引用『ライフレッスン』キューブラー・ロス)




とはいえお金はやっぱり大きな要素





たしかに、お金では幸せにはなれません。

でも、お金は確実に人生の選択肢を増やします。

これもやっぱり半分は事実だと思います。



だって、お金がないと、誰だって不安になる。

焦りから余裕がなく、落ち着いた思考ができない。

見当違いの行動や、先を見越して動けなくなる




無職で1ヶ月、2ヶ月と経つうちに、


「なんだよ…。

 息をしているだけで、貯金が減るじゃないか…」


そんなことに気づいてしまう。




僕は会社を辞めたとき、お金を使うのが怖くなりました。

だって、ほっといても減っていくのに、補充されないのです。



そんなときに冷静な判断など、誰にできるでしょう。

冷静さを欠くと、誰だって焦って転職してしまいます。



そして、


「また同じように転職で失敗だ…。

 今度はゆっくり考えようと思ったのに…」


そうなってしまうのです。




だから、

「お金があれば、解決できるのに…」。



そう思う人を安易に責められません。

僕もふくめて、誰もが一度はそう思うのですから。




人間、ある程度のお金の余裕も必要。

そうでないと、不安や焦り、イライラに襲われます。


実際、お金のせいで生まれる不幸も、たくさんあります。

お金なんて必要ないとは、決していえないのです。





お金があっても天職にはたどり着けない





ただ、

「お金があれば、解決できるのに…」。



この考えにとらわれるのも、やはり問題です。



この考えにとらわれると、


「お金がないから、自分にできることは何もない。

 ただ、いままで通り不満を言い、我慢するしかない…」


そういう結論にしか、たどり着けないからです。



これでは永遠に、悪い意味での現状維持。

この考えは自分自身から、問題解決の能力を奪うのです。



そもそも、誰かが何かをはじめるとき。

潤沢にお金があることなど、めったにありません。

そんなのは人類の限られたごく数%の人だけ。



ほとんどの人はお金も時間もコネもない中、


「それでも、

 いまの自分にできることは、

 なにかないだろうか?」


そう自分自身に問いかけ続けるのです。



そんな問いかけこそが、問題解決能力を呼び起こします。



「独学で本を読むことくらいなら」

「人とつながるために飛び込もう」

「自分でサイトを作ってみようか」




その小さな小さな改善点を、一つずつ積み上げる。

問題を解決するって、結局それしかないのです。



それは焼け石に水かもしれない。

それは水の一滴ほどしか、効果がないかもしれない。


でも、焼け石だからと水すらかけようとしない。

そんな人が人生に、満足できるわけがない。



この一点においては、お金があるかどうかは、関係ありません。



人生に納得できるかどうかに、お金は関係ないのです。

フロイト先生がいいたいことは、そういうことでしょう。




自分の行動を変えないと、働き方は変わらない






結局、僕たち人間にできるのは、


「それでも、

 いまの自分にできることは、

 なにかないだろうか?」


それを自分に問いかけ続けることだけ。

そして愚直にそれを実行していくことだけ。



天職を見つけたいなら、これは特に大事。



だって、働き方を大きく変えるとき。

お金や時間が潤沢にあることなど、まずないのですから。




「お金があれば…」

「時間があれば…」



それは愚痴でも言い訳でもありません。

実際、それをどうするかは大きな課題です。



僕たち人間は、弱い生き物です。

そんな弱音がでることくらい、許されるべきです。




ただ、弱音を吐いたあと。

一度、自分自身に問いかけて欲しい。




「それでも、

 いまの自分にできることは、

 なにかないだろうか?」



この問いかけを続け、行動し続けること。

その人だけが、天職にたどり着けるんですよ。






□僕のカウンセリングの予約はこちらから







今回のやりたいことの見つけ方ポイント

★いま自分にできることは何だろうか?

★つねに自分自身に問いかけてみよう!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

LINE対応お友達登録をすると週一回カウンセラー中越の最新コラムを届けます!
友だち追加








■このサイトの管理人
■カウンセラー中越の著書はamazonで!















■ 編集後記


急に暑いです。


体調に気をつけるとか、

そんなレベルじゃないです。


のんびりやりましょう。