監視されると辞めたくなる




こんにちは。

カウンセラーの中越です。



「いつも

 上司に監視されてるようで、

 すごく働きにくいんです…」


こういう相談、実に多いです。



特にこの相談は、

悪循環になりやすく、

退職することも多いです。



なぜそうなるのか?

そういうとき、

どうしたらいいのか?



今回はそれについて、

お話ししようと思います。



というわけで今回は、

上司に監視されていると、失敗して当然

スタートします!!






プロの選手も緊張すると失敗する





実際のカウンセリングで、

よくある相談内容の一つ。



それは、


「今の職場は、

 上司から監視されてるようで、

 すごく疲れてしまうんです。


 失敗する私も悪いのですが…。


 監視されていると思うと、

 よけいに失敗するんです…」


この相談はずっと前から、

すごく多いです。



実はこの相談。

スポーツ選手も同じです。



たとえば、

サッカーのPK。



大観衆の中、

自分にPKのチャンスが来た。

これを決めれば勝利!



サポーターもチームメイトも、

みんなが期待して見守っている。



そういう瞬間、

誰だって緊張します。



緊張とは一種のストレス状態。



そういうストレス状態では、

脳のワーキングメモリが、

不安で埋め尽くされてしまう。



そうなると、

集中してボールを蹴るための、

脳のワーキングメモリが、

足りなくなってしまいます。



その結果、

目の前の課題に集中できず、

普段なら簡単にできることを、

失敗してしまうのです。



プロのサッカー選手が、

PKで大きく外すのは、

そういう理由があるから。



プロゴルファーが、

簡単なパットを外すのも、

全く同じです。




そういう状況を英語では、

「Choke」(チョーク)

といいます。



これは、

息が詰まるという意味。



そこから、

緊張して堅くなる、

失敗するを表す言葉に、

なったそうです。



日本人に比べて、

メンタルが強そうなアメリカ人も、

同じように緊張するのですね。



世界中、

緊張していると誰だって、

能力を発揮できないのですね。




上司の監視はPKくらいキツい





さて、

それを考えてみると、

「仕事で上司から監視される」。



その状況では、

強いストレスがあって当然で、

失敗が増えても当然です。




もちろんPKの方が、

プレッシャーは大きいです。



でも、

PKは一瞬で終わる。



それに比べて、

仕事で上司に監視されるのは、

1日8時間、週5日続くのです…。



う~ん、

想像しただけで昔を思い出し、

気分が悪くなります。



仕事上で監視されるのは、

非常に長期的で辛いのです。

長い長い拷問なのです。



しかも、

長期的だから、

負の無限ループに陥る。



たとえば、

仕事で一度ミスをする。



そうすると、

上司から監視をされる。



監視されると緊張をして、

またミスをしてしまう。



そして、

上司から怒られて、

より監視が厳しくなる。



すると、

さらに緊張は強くなり、

より大きなミスをしてしまう…。



気持ちを立て直す時間が、

どうしてもとれないので、

失敗の繰り返しになる。



こういう悪循環に落ちたこと、

誰もが一度はあるはずです。



上司や会社を変えるのは現実的でない




この問題、

一番大切なのは、

自分を責めないことです。



正直なところ、

これは簡単に解決できるような、

安易な問題ではありません。



上司の性格を変えるとか、

会社の社風を変えるとか、

それはとても難しい。



個人の力では、

とても無理なことです。



また、強い緊張状態や、

監視されていても、

平気な強い心を身につける。



それも現実的には、

とても難しいことです。



もしそれができるなら、

世界中のスポーツ選手が、

すでにやっているはず。



でも、現実を見てみると、

一流アスリートたちでさえ、

緊張の場面ではミスをする。



それはどのスポーツでも、

全く同じことです。



多少であれば、

緊張に強くなる方法はあっても、

根本的には難しい。



心理学やカウンセリングは、

魔法の杖ではありません。



でも、だからといって、

悲観する必要もありません。



このことは逆に言うと、

監視される状態というのは、

誰でもミスをするということ。



つまり監視されて失敗するのは、

あなたが悪いのではないという、

決定的な証拠のはずです。



だって、

世界の一流アスリートですら、

そんな状況ではミスるのですから。



この件で自分を責める必要はない





いま上司の立場の方で、

これを読んでくれているのなら、

ぜひ聞いてもらいたい。



いまの自分の部下が、

あまりにミスをするならば。



もしかするとあなたの部下は、

監視されているようだと、

感じているのかもしれません。



その状態は、

部下の生産性を下げ、

部署や会社の業績も下げます。



それは、部下にとっても、

上司である自分自身にとっても、

何も得することはないはず。



部下の緊張を解いてあげるのが、

どちらも得をすることでしょう。




もし、

これを読んでいる人で、

職場でいつも監視されてるなら。



決して自分自身を、

責めないであげて欲しい。



そんな状況では、

誰だって能力を発揮できず、

失敗をするのです。



それなのに、

あなたが自分自身を責めたなら。



いったい誰が、

あなたの心を守るのでしょう。



僕達人間には、

自分自身の心を守る、

権利と義務があるのです。



あなたは、

決して無能なのではない。



ただ、あなたの環境が、

本来もっている力を、

発揮できなくしてるだけ。



だから、

ぜひ思い出して欲しい。



いままでの人生で、

うまく能力を発揮できたこと。

一つくらいはあったはず。



全く違う環境で、

うまく能力を発揮できたこと。

一つくらいはあったはず。



だから決して、

自分を責めないで欲しい。



人間は環境によって、

能力を発揮できるかどうか、

非常に大きく変わります。



どうしてもいまの職場で、

うまく能力を発揮できないなら、

思い切って環境を変えてみる。



それも、

一つの方法かもしれませんよ。



自分の人生を守るのは、

僕たち自分自身にしか、

できないことですからね。



能力を発揮できる環境に、

自分自身を置いてあげること。



それが、

自分を大事にすることで、

自分の人生の舵を握ること。



ぜひ、

自分の心と人生を、

守ってあげてくださいね。









□僕のカウンセリングの予約はこちらから







今回のやりたいことの見つけ方ポイント

★監視されたら失敗して当然!

★能力発揮できる場所に自分を置く!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

LINE対応お友達登録をすると週一回カウンセラー中越の最新コラムを届けます!
友だち追加



■このサイトの管理人
■カウンセラー中越の著書はamazonで!

ー新刊ー
















■ 編集後記


僕の新刊、

『日本一やさしい天職の見つけ方』

のアマゾンランキング。



11~30位くらいを、

行ったり来たりしてます。



もうちょっとで、

ベスト10に行きそうなのに。



読んでもらった方の感想が、

とても手応えがいいので、

ぜひ読んで欲しいです。



なんとか、

もうちょっと売れる方法。

ないものですかね~。



ー新刊ー