こんにちは。

カウンセラーの中越です。



「好きなことなんだから、

 これくらいでしんどいなんて、

 甘いことをいうんじゃない…!」



こんなことをいう人が、

たくさんいます。



ですが、僕は、

この考えには大反対です。



むしろ、この考え方は、

危険な発想だと思います。



なぜこの考えが危険なのか?



そのことを今回は、

お話ししたいと思います。



というわけで今回は、

「時代遅れ」の天職心理学です。





□無理をするのは逆効果!!




「本当に好きなことなら、

 この程度でしんどいなんて、

 絶対にいわないはず…!」




こういう考え方の人、

とてもたくさんいます。



ですが、この考えは、

とても危険な発想です。




たとえば、

野球を始めたばかりの、

小学生がいるとします。



その小学生は、

もちろん野球が好きです。



子供らしく、

プロ野球選手になりたい。

そんな夢を語ったとします。




そこで父親やコーチが、


「本当に好きなんだな!!

 絶対にプロになるんだな!?


 お前の気持ちが本物なら、

 この球を打てる練習をしろ!!」



そういって、

150キロの球を打つ練習を、

毎日、1000球、子供にさせます。




もちろん子供は、

ちっとも打てない…。

かすりもしない…。



子供はだんだん、

やる気をなくします。



やる気をなくすどころか、


「野球なんて楽しくない…。

 こんなことで楽しくないなら、

 野球は好きじゃないんだ…。


 プロになりたいなんて、

 ただの妄想だったんだ…」


となってしまいます。




このたとえは、

極端に思うかもしれません。



ところが、実際、

好きを仕事にしようとする人は、

多くの場合、これに陥ります。




「本当に好きなことなら、

 どんなに厳しいことであっても、

 弱音なんてはくべきではない…!


 しんどいと感じるのなら、

 これは自分にとって、

 本当のやりたいことじゃない…」




あまりに過酷なノルマを、

設定してしまう。



それを達成できなかったり、

しんどい、辛いと感じるのなら、

自分の気持ちはその程度なんだ…。



そうやって自分自身を、

責めてしまうのです。




特にアートやアパレル関係など、


「本当に好きなことなら、

 超人的なノルマであっても、

 弱音など一切いわない…!」


そういう強迫的な考えを、

持っている人が多いです。




一部の業界は、


「本気でやりたいのなら、

 このくらい辛いと言うな…!


 本気で夢を追うのなら、

 血反吐を吐くまで頑張って、

 当然だろうが…!


 給料が安いくらいで、

 甘ったれたことをいうな…!」


こういう雰囲気を出すことで、

働く人を搾取しているようにすら、

僕は感じてしまうのです。




残念なことに、

そこで働いた人たちは、


「この程度でしんどいのなら、

 自分の気持ちなんて、

 本物ではなかったんだ…。


 結局、自分は、

 好きなことを仕事になんて、

 甘い気持ちでいってたんだ…」 


そうやって自分を責めて、

立ち直れない人もいます。





僕達は、精神論や根性論なんて、

いまどき時代遅れと思ってます。



実際、時代遅れだと、

僕は思います。



ところが、僕達は、

好きを仕事にするとなると、

急に根性論、精神論になる。



そして、

あまりに過酷ながんばり方を、

無理してやってしまう。



その結果、うまくいかなくて、

やる気が出ずに嫌になる。



これはあまりに、

残念な話です。




ですが、僕自身、

あまり偉そうに言えません。




僕が心理学の勉強を始めたころ、



「本当に心理学が好きなら、

 どんな難しい本であっても、

 楽しく読めて当たり前。


 難しいから楽しくないなんて、

 そんな甘いことをいうのなら、

 本当に好きとは言えないはず…!」



そう思って難しい専門書を、

無理をして読もうとしました。




その結果、

本の内容を理解できずに、

難しくてしんどくなりました。



そして、


「こんな程度でしんどいなんて、

 本当は心理学なんて、

 好きじゃないのかもしれない…」


と落ち込んだことがあります。




その後、

僕は考え方を変え、


「せっかく好きな心理学を、

 嫌いになるようながんばり方は、

 もう絶対にやめよう。


 いまの自分が面白いと思う、

 自分に合った本だけを読もう…!」


そう決意しました。



当時の自分が楽しいと感じる、

自分に合った難易度の本だけを読む。



簡単な本を何冊か読むうちに、

以前は難しくて読めなかった本も、

自然と読めるようになりました。




チクセントミハイという心理学者は、

自分の能力に調度あった難易度が、

高度な集中力を生むといいます。



そして、適切な難易度は、

ギリギリ楽しめるかどうかが、

指標になっているのです。




根性論、精神論よりも、

自分に合った適切ながんばり方。

そのほうがよっぽど大切です。




「本当に好きなことなら、

 どんなことがあったとしても、

 弱音なんてはかないはず…!」




やりたいことに対して、

根性論、精神論になってませんか?



無理ながんばり方をしては、

どんなに好きなことであっても、

嫌いになってしまうのですよ。




□自己カウンセリングプログラム□

やりたいことを見つけたいけど、

何をやりたいのかよくわからない??

そんな方はこちらへどうぞ!





今回のポイント

★根性論、精神論になってませんか!?

★適切ながんばり方がなにより大切!!

★このブログを毎週読みたい方への朗報!!
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーに登録していただくと、
このブログの記事が、毎週あなたのメールBOXに届きます。
天職を見つけるための5日間無料メールセミナーはこちらをクリック!

★本気で天職・やりたいことを見つけたい方は今すぐこちらへ!








■カウンセラー中越の著書はamazonで!

「天職」がわかる心理学

『いまの仕事で本当に幸せになれますか』

『なぜあの人は楽しそうに働くのか』



===========================
■ 編集後記


マリオカート8。

めっちゃ面白いです。


対戦で勝てない。

それなのに面白い。


===========================





コメント一覧
  1. 橋本 道子 より:
    中越様

    こんばんは。私は、カウンセラーを目指しております。臨床心理士指定大学院の受験勉強は、50代のしかも勉強からは程遠い生活をしていた私にとって挫折感一杯でした。でも、図書館で貴方の御著書を拝読させて頂き「善きことはカタツムリの速度で進む」をみて、「そうだ!そうだ!」と思い直し、地元福岡の日本メンタルヘルス協会の体験講座に行き、明日から基礎コースに参加する流れとなりました。回り道ばっかりでなんで一直線に自分のやりたいことに到達しないのだろう???と自分の夢は、本気でないのかも(__)
    と自分を信じられなくなりそうでした。でも、こうして貴方様のメッセージから、勇気と希望を頂きました。本当に有難うございます。
    だって、夢実現のために自分や心理学を学びたいという気持ちを嫌いになりたくはないですものね!まさに本末転倒。
    今は、下積みで十分満足です。私は摂食障害の回復に35年費やしたのだから、どってことないです!衛藤先生のつぶやきにも「回り道が近道になる」とあります。
    自分を信じて、カタツムリの速度で進みます。
    本当に有難うございます。

    橋本 道子
  2. nakagoshi より:
    橋本さん

    コメントありがとうございます。
    心理学の勉強をしておられるのですね。
    僕の本やコラムが役立ったようでうれしいです。
    メンタルヘルス協会の講座もぜひ楽しんでくださいね。

    好きなことを嫌いにならずに、楽しんで学ぶこと。
    これって本当に大切なことだと思います。

    応援しています。
  3. 橋本 道子 より:
    中越様

    ありがとうございます。

    私は、貴方の文章の中の言葉にとても癒されてきました。
    なんというか、読んでいて『ほっ』とするのです。
    とても優しい方なのだろうと感じています。
    今の私には『頑張れ』というメッセージより、やはり、自分の『好き』を大事にすることの方が結果的にはいいみたいです。
    心理学もマイペースで学んでいこうと思います。

    人生の方から、問いかけて来ることって、やはりありますね!
    答えを焦らずに、待ってみようと思います。

    どうぞお元気で。
  4. 原田 より:
    中越様

    こんにちは。ネットサーフをしていてこちらの記事を拝見しました。
    あまりに心に刺さる内容でしたので、コメントをさせて頂きたくなりました。

    わたしは、美術の道を志しておりました。
    大学をでて、幸運にも希望の職場に入る事が出来ました。
    しかし、学校で学んだ事はあまり仕事で役に立たず、毎日上司には怒鳴られながら過ごしました。
    技術とは何年も何十年もかけて積み上げるものですし、どの仕事でも、ミスをすれば注意を受けるのは当然なのだからと、過ごしてきました。こんなに価値のない自分を雇ってくれるのはここだけだと。ここで逃げたら、今までの人生のすべてが無駄になると思っていました。
    「何回やってもできるようにならないお前には才能がない」「払う価値もないのに毎月給料を払ってやっているだけでもありがたいと思え」「お前を雇ったせいで、うちに来たいと思っている有能な人間を何人も断った」言葉だけでなく、道具を投げつけられることもありました。

    働き始めて2年後、仕事を逃げるようにやめました。
    そのときの気持ちはまさしく中越様の記事そのものでした。

    「この程度でしんどいのなら、自分の気持ちなんて、本物ではなかった。結局、自分は、好きなことを仕事になんて、甘い気持ちでいってた。」 

    わたしはもう、自分の志した世界への情熱が無くなってしましました。
    そして、次になにをしたらいいかもわからないまま、ずるずるとひきこもりになってしまいました。
    どういう仕事をえらべば人に迷惑をかけずに生きていけるのかもう分りません。
    自分の人生のすべてをささげてもいいと思った事から逃げてしまったのですから。

    当時の苦しんでいた自分に、この記事を見せてあげたかったです。
コメントを残す

関連キーワード
天職の見つけ方の関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてくださいね。

最新情報をお届けします

おすすめの記事