天職・やりたいことを見つけ方の専門 簡単で面白い心理学のコラム。やりたいことの見つけ方を本気で心理学で説明します。過去のカウンセリング事例もあります。

カウンセラーがやってはいけない集客方法1-2 カウンセラーで継続課金はやめた方がいい理由 




カウンセラーで継続課金はやめた方がいい理由




最近、

カウンセラーで開業したいと、

僕の所に相談に来る人で、


「やっぱり継続課金の方法を、

 考えた方がいいですかね?」


といわれることがあります。



ですが、僕個人として


「継続課金のシステムは、

 カウンセリングには合わない。

 出来る限りやめた方がいい」


と思っています。



今回はその理由を、

説明しようと思います。




継続課金は高利益が出るけど…





「月額5000円などで、

 継続課金システムにしたい」


実はその気持ちはわかります。



多くのコンサルタントさんが、

この方法を勧めています。



理由はとても簡単で、

安定して高利益がでるという、

夢のようなシステムだから。


『○○カウンセリング塾!
 月額5000円で質問し放題。

 毎月塾生限定の動画配信。
 SNSで講師と情報交換!

 同じ悩みを持つ人と懇親会!
 もちろん○○先生も参加!』



こういうやつですね。

自己啓発系で良くある方法です。



この方法はたしかに安定して、

しかも高利益を出しやすいです。


たとえば、

20人顧客が集まると、


20×5000円で10万円。


毎月10万円売り上げが出る。



40人だと20万円。

100人になると50万。

200人になると100万!



これはたしかに魅力的です。



しかも、継続課金の方法。


実は一番のメリットは、

「解約しにくいこと」です。



一度、

契約をしてしまうと、

解約ってかなり面倒。



クレジット、銀行引き落とし、

申し込みは、簡単だけど、

解約って面倒くさいです。



みなさん自身もきっと、

そういう経験があるはず。



「携帯を申し込むとき、

 進められたプランにしたけど、

 使わない機能が多いな…」



僕もそういう経験、

やはりいくつかあります。



全然使っていないサービス…。


でも、解約が面倒だから、

ほったらかしにしてしまう。


そしてお金だけが、

毎月、引き落とされている…。



これってやっぱり、

かなり後味悪いですよね。



決して詐欺ではないし、

解約してないこちらが悪い。



でも、やっぱり

「なんかモヤッとするな…」、

と相談者さんはなってしまう。




継続課金、月額課金が、

悪いわけではありません。



ガス代や電気代、

税理士さんへの支払いなどは、

月額課金でも問題ないです。


音楽教室なんかも、

月額課金が相性がいいです。



でも、こういうのって、

必ず毎月使うものですよね。

だから納得できます。



カウンセリングというのは、

「毎月、絶対に使う」とは、

やっぱりいえません。



相談者さんの気分によって、


「今月は調子が良い。

 カウンセリングは必要ないな。


 決して安くはないし、

 また来月にしておこうか」、


そういうこともあって当然。


(むしろ良いことでもある。
 よいカウンセリングをしたから、
 必要なくなったともいえる。

 ただうつ等の場合は、
 ある程度、毎月来てもらうのが、
 安全上、大事だと思います)



にもかかわらず、

お金だけ引き落とされたのでは、

かなり後味が悪くなって当然。



しかも、

懇親会などを通じて、

人間関係ができていると、


「なんとなくだけど、

 解約って言い出しにくい…」


となってしまう。



もっというと、


「解約をしにくいように、

 人間関係を作ってしまう。


 そのために、

 懇親会などを頻繁に開催。
 

 仲のいい人ができると、

 辞めたいと言い出せなくなる」


それを狙っている人もいる。



正直なところ、

コンサルタント業であれば、

まあいいんだろうと思います。



経営者にとっては、

こういう○○塾の料金も、

経費のうちと考えます。



そこで人脈もできるし、

情報収集も仕事のうち。



定期的で新鮮な情報は、

経営者にとってとても大事。



それを考えると、

月額5000円~1万円なら、

個人事業主でも払えます。


払った分だけの、

リターンがあると思います。



でも、それはあくまで、

対経営者さん向けビジネス。



一般の相談者さんと、

経営者とは経済観念が違う。



一般の相談者さんは、


「全然、使っていないのに、、

 お金だけ引き落とされてる…。


 解約が面倒だった。

 それはたしかに自分が悪い。


 だから、

 騙されたとは思わない。


 でも、やっぱりなんか、

 モヤッとするな…。


 あのカウンセラーには、

 もう関わりたくないな…」


と後味が悪くなって当然。



(よく考えてみると、
月100~200相手にするのは、
とても無理な労力です。

実際にカウンセリングをすると、
とても無理だとわかるはずです。

現役カウンセラーであれば、
それはわかるはずです。

特に自営業であれば、
問い合わせもカウンセラー自身が、
返事をするのがほとんどです。

メールでの返信だけでも、
丁寧に対応するのはまず無理。

悩んでいる人のメール対応は、
かなり時間がかかります。

カウンセリングというのは、
ただの情報提供ではないのです。
もう少し深い対応が必要です。

心底、悩んでいる人に対し、
事務的な返信メールはできない。

そうなってくると、
月額課金は払っているけども、
サービスは大して利用してない。

そういう人が大半でないと、
このやり方は成り立たない。
それがわかるはずです。

コンサルタントに比べ、
カウンセラーという仕事は、
一人一人に時間がかかる仕事。

こればっかりは、
職種が違うから当然です。

本来、コンサルタントと、
カウンセラーは全然違う仕事。

決してどちらが良い悪いでなく、
そもそも違う仕事なのです。

他業種のやり方を取り入れる。
それ自体はいいことなんですが、
この方法は相性が悪いですね

もう少し正確に言うと、
カウンセラーの中でも心理系。
これが継続課金とあわない。

婚活カウンセラーとかなら、
結婚できるまで月5000円。
そんなのでもいいと思いますが…。

心理系は相性悪いですね。)



そうなると、

相談者さんだけでなく、

カウンセラーの方も、


「たしかに儲かったけど、

 なんだか罪悪感がある…。


 人の役に立ちたくて、
 
 カウンセラーになったのに…」


とやる気をなくすのです。



これでは相談者さんにも、

カウンセラーにとっても、

よい方法とはいえません。



やっぱりカウンセラー自身が、

自分の仕事のやり方に対して、

誇りを持てる営業方法。



そうでなければ、

長期的には続けられません。



どんな仕事でもそうだけど、

カウンセラーになりたい人は、


「人の役に立ちたいから、

 カウンセラーになりたい」


そういう人が多いです。



収入も大事だけど、

やりがいを一番にしたい。



そういう人にとって、

継続課金、月額課金の方法は、

あまり合わないと思います。




結局のところ、


「無理に月額課金でなく、

 自分が相談したいときに、

 カウンセラーの所に行きたい」


それが一番相談者さん目線。



カウンセラーの経営都合で、

継続課金にするというのは、

相談者さん目線でない。




どこまでも相談者さん目線。

これが一番大事なこと。



それを考えると普通に、

1回 10,000円の方が、

後味が良いんですよね。


明瞭会計が一番ですね。


≫ カウンセラーがやってはいけない集客方法2

≪ カウンセラーがやってはいけない集客方法1

ぼちぼち経営のススメ TOP


□カウンセラー独立開業支援の相談、受付しております
お申込みフォーム


カウンセラーの独立開業の支援してます

まずは気軽に登録を!

天職とやりたいことを見つけるための無料メールセミナー

人気のワークプログラム

30日で天職を見つけるためのプログラム

好きを仕事にするやる気管理術モチベーションセラピー

カウンセラーを目指す方へ

裏メニュー

カウンセリングを受けてみる

カウンセリング

  • facebook

コンテンツ

ブログアーカイブ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿

最近のコメント

PAGETOP